扇面紙に夏目漱石の書簡を書いてみる【夏目漱石書簡】

扇面紙に夏目漱石の書簡を書いてみる【夏目漱石書簡】

こちらは扇面紙と言って、その名の通り扇子の形の紙に書いてみました。

扇子をご存知の方はお分かりのように、そんなに大きな紙ではないので、

夏目漱石の書簡を書くには、文字を小さくしないと見えない。

 

しかも上から下に向かって、段々文字を小さくしていかないと、

行が斜めになってしまいます。

 

結構、難しいので何枚か書いて、これが一番、キレイに収まりました(^^)

目が悪くなると書けない作品なので、細かい作品は今の内に書いておくように。

と常日頃から師に言われております。

勿論、この作品を扇子に仕立てる事も出来ますよ。

こんな扇子持ってたら、注目されそうですね!

 

大人や子供の習い事として書道はいかがですか?
最後までお読みいただきありがとうございました。

湘南鎌倉市長谷の女流書家:篠原遙己(しのはらようこ)
篠原遙己

篠原遙己

鎌倉市長谷にて書道教室を開講しており、人前で自信を持って字を書ける、美文字のコツをお伝えしています。 出張レッスン、美文字講座など外部書道講師としてのご依頼も大歓迎です。また、招待状宛名書きなどの筆耕、謝辞・祝辞・入学願書等の代筆、書作品のご依頼も承ります。

関連する投稿

コメントを残す