作品を書くときに何を考えていますか?【書道FAQ】鎌倉市長谷の書道教室

作品を書くときに何を考えていますか?

こんにちは。鎌倉市長谷の書家・書道教室 篠原遙己(しのはらようこ)です。

以前、自分の書道のお稽古に行ったとき、帰りの電車で書友と、こんな話題になりました。

 

「作品書いている時って、何考えてる?」

「書くのは日中? それとも夜?」

「音楽とかかけたりしてる?」

 

私の場合、書くのは専ら真夜中です。

家族全員が寝静まった、22時以降が多いです。

 

音楽は無心に書きたい時は、なし。

ちょっとリズムを変えたりしたいときには、好きな音楽をヘッドホンで聞きながら書いたりもします。

たまに一人で歌いながら書いていることもあります(笑)

もしかしたら邪道なのかもしれませんけど・・・

 

何を考えながら書いているかは、その時々によって違います。

誰かのことを思い浮かべて書いたり、書道の楽しさが伝わるようにとか、そんなことを想いながら書くことが多いです(^^)

 

要はお手紙と一緒です。

誰かにお手紙を書くのと同じように書道作品を書いています。

 

皆さんは、お手紙を書くときに、どんなことを考えて書きますか?

大切な人にお手紙を書くとき、相手のことを想いながら書きませんか?

そんな風に作品を書いてみると、ちょっと違ったものが書けるかもしれません。

大人や子供の習い事として書道はいかがですか?
最後までお読みいただきありがとうございました。

湘南鎌倉市長谷の女流書家:篠原遙己(しのはらようこ)

この記事を書いた人

篠原遙己

篠原遙己

鎌倉市長谷にて書道教室を開講しており、人前で自信を持って字を書ける、美文字のコツをお伝えしています。出張レッスン、美文字講座など外部書道講師としてのご依頼も大歓迎です。また、招待状宛名書きなどの筆耕、謝辞・祝辞・入学願書等の代筆、書作品のご依頼も承ります。