大きな書道作品を書くときは◯◯が必須!【書道FAQ】

大きな書道作品を書くときは◯◯が必須!

こんにちは。鎌倉市長谷の書家・書道教室 篠原遙己(しのはらようこ)です。

 

今はまだ半紙しか使ったことがない生徒さんたちも、いつか大きな作品を書くようになるかもしれません。

作品を書くときは出来れば墨汁ではなく、磨った墨を使うのがおススメです。

 

大きな作品になればなるほど、墨の量もたくさん必要です。

そんな時にこれがあると、とっても便利です。

 

自動墨磨機!

かなりマニアックな書道用品ですが、手で磨る時間がない時は本当に便利です。

 

上の画像は墨を1本使うタイプですが、2丁掛けと言って、2本同時に磨れるものもあり、私はこちらをメインに使っています。(下の画像)

大人や子供の習い事として書道はいかがですか?
最後までお読みいただきありがとうございました。

湘南鎌倉市長谷の女流書家:篠原遙己(しのはらようこ)

この記事を書いた人

篠原遙己

篠原遙己

鎌倉市長谷にて書道教室を開講しており、人前で自信を持って字を書ける、美文字のコツをお伝えしています。出張レッスン、美文字講座など外部書道講師としてのご依頼も大歓迎です。また、招待状宛名書きなどの筆耕、謝辞・祝辞・入学願書等の代筆、書作品のご依頼も承ります。