40代後半から習い始めて、書道の先生になれますか?【書道FAQ】鎌倉市長谷の書道教室

40代後半から習い始めて、書道の先生になれますか?

こんにちは。鎌倉市長谷の書家・書道教室 篠原遙己(しのはらようこ)です。

体験レッスンにいらしてくださった方から、

「今からでも書道の先生になれますか?」と言うご質問をいただきました。

その方は40代後半の方。

自宅教室では7歳から60代の方まで、書道講師として行かせて貰っている有料老人ホームでは、90代の方も書道をやっていますよ。

 

40代後半から習い始めて、先生になれますか?

もちろん可能です。

書道の先生になるのに、国家資格は必要ありませんから、誰でもなれるのです。

極端な話、筆を持ったことのない人が明日から先生になることも出来ます。

ただ先生にはなれても、人に教えられる訳ではありませんよね。

相当の知識と技術が備わっていなければ、人に教えるのは難しいです。

書作品が書けるのと人に教える(伝える)はまた別の話なので、「書ける=教えられる」ではないとも思います。

 

毎月の競書への出品、昇級試験、師範試験などをクリアすれば、技術は付いてきます。

私自身が通っているお教室では、50代後半から習い始めて、師範になった方が大半で、師範免状を持っていない方はいらっしゃいません。

と言うのも、続かない人は途中で諦めてしまうのです。

先生になれるかなれないかは、ご本人の気持ちと努力次第です。

もし先生を目指されるのであれば、全力でサポートさせて頂きますので、お任せください。


いかがですか?

どんなことでも途中で諦めてしまったら、叶うことはありません。

60代後半から習い始めて、師範免状を取得した方もいらっしゃるので、40代なら早い方ですよ!


大人や子供の習い事として書道はいかがですか?
最後までお読みいただきありがとうございました。

湘南鎌倉市長谷の女流書家:篠原遙己(しのはらようこ)

この記事を書いた人

篠原遙己

鎌倉市長谷にて書道教室を開講しており、人前で自信を持って字を書ける、美文字のコツをお伝えしています。出張レッスン、美文字講座など外部書道講師としてのご依頼も大歓迎です。また、招待状宛名書きなどの筆耕、謝辞・祝辞・入学願書等の代筆、書作品のご依頼も承ります。