どうして最初に平仮名をやるの?/鎌倉市長谷の書道教室

どうして最初に平仮名をやるの?

こんにちは。鎌倉市長谷の書道教室・書家 篠原遙己(しのはらようこ)です。

平仮名の基礎に取り組んでいる生徒さんのビフォーアフターです。

私の書道教室では、書道経験者以外はまず初めに平仮名の基礎に取り組んで貰っています。

もちろん書道経験者でも平仮名の基礎をやってことがない場合はやってもらいます。

 

その主な理由は

  • 平仮名は文字数が少ない(48文字)
  • 日本語の文章の8割が平仮名で出来ている

 

漢字は常用漢字だけでも何千字とありますが、平仮名はたった48文字。

しかも日本語の文章の大多数を占めるわけですから、先にマスターしてしまえば、全体的に上手く見えると言う訳です。

 

文字数が少ないと言うことは、マスターするまでの時間も短いと言うこと。

最初の目標はそう遠くない方が皆さんのモチベーションアップにも繋がるのです。

 

そして大人になってから改めて平仮名の成り立ちを学ぶと、すごく面白いです。

子供だとちょっと理解するのが難しいところがありますが、漢字を知った大人だと「なるほど~」と腑に落ちる内容なんです。

美文字講座などで、平仮名の成り立ちのお話が人気の理由でもあります。

 

と言うわけで最初に平仮名をマスターするのがおススメです!

大人や子供の習い事として書道はいかがですか?
最後までお読みいただきありがとうございました。

湘南鎌倉市長谷の女流書家:篠原遙己(しのはらようこ)

この記事を書いた人

篠原遙己

篠原遙己

鎌倉市長谷にて書道教室を開講しており、人前で自信を持って字を書ける、美文字のコツをお伝えしています。出張レッスン、美文字講座など外部書道講師としてのご依頼も大歓迎です。また、招待状宛名書きなどの筆耕、謝辞・祝辞・入学願書等の代筆、書作品のご依頼も承ります。