順筆と逆筆【書道用語FAQ】鎌倉市長谷の書道教室

順筆と逆筆【書道用語FAQ】鎌倉市長谷の書道教室

順筆と逆筆【書道用語FAQ】

こんにちは。鎌倉市長谷の書道教室・書家 篠原遙己(しのはらようこ)です。

このHPでもたくさん載せている書道用語について、少しずつご紹介していきます。

まず最初は筆の入り方(置き方)を2種類。

墨が付いていなくて掠れが出るのは当たり前。

でも逆筆をマスターすると、墨がたくさん付いていても、好きなところに自由自在に掠れを入れることが出来ます。

 

順筆(じゅんぴつ)

左上に筆の穂先を置き、そのまま最後まで線を書くこと。

線の書き始めは45度くらいになるように置くとキレイです。(画像参照)

毛の流れに逆らわないので穂先が乱れたりすることもなく自然な線が書けます。

楷書に使われる筆法です。

 

逆筆(ぎゃくひつ)

毛先を進行方向から入れて、毛先が押し潰されて開いた状態で線を引きます。

紙との抵抗がある分、力強い線や擦れた線を書く事が出来ます。

草書や隷書で使われる筆法です。

大人や子供の習い事として書道はいかがですか?
最後までお読みいただきありがとうございました。

湘南鎌倉市長谷の女流書家:篠原遙己(しのはらようこ)
篠原遙己

篠原遙己

鎌倉市長谷にて書道教室を開講しており、人前で自信を持って字を書ける、美文字のコツをお伝えしています。 出張レッスン、美文字講座など外部書道講師としてのご依頼も大歓迎です。また、招待状宛名書きなどの筆耕、謝辞・祝辞・入学願書等の代筆、書作品のご依頼も承ります。

関連する投稿

コメントを残す