始筆と送筆と終筆(収筆)【書道用語FAQ】鎌倉市長谷の書道教室

始筆と送筆と終筆(収筆)

こんにちは。鎌倉市長谷の書道教室・書家 篠原遙己(しのはらようこ)です。

このHPでもたくさん載せている書道用語について、少しずつご紹介していきます。

まず最初は基本の横線を書く時の筆使いについて。

 

始筆(しひつ)

線の書き始めのこと。

穂先を左斜め上、45度くらいになるように置くのがベスト(画像参照)

 

終筆または収筆(しゅうひつ)

線の書き終わりのこと。

終筆(収筆)には止め、ハネ、ハライがあり、毛の先を揃えるように紙から離すといいですね。

 

送筆(そうひつ)

始筆と終筆(収筆)の間のこと。

送筆には長いものや短いもの、直線、曲線などがありますね。

 


大人や子供の習い事として書道はいかがですか?
最後までお読みいただきありがとうございました。

湘南鎌倉市長谷の女流書家:篠原遙己(しのはらようこ)

この記事を書いた人

篠原遙己

鎌倉市長谷にて書道教室を開講しており、人前で自信を持って字を書ける、美文字のコツをお伝えしています。出張レッスン、美文字講座など外部書道講師としてのご依頼も大歓迎です。また、招待状宛名書きなどの筆耕、謝辞・祝辞・入学願書等の代筆、書作品のご依頼も承ります。