競書課題作品は何枚くらい書いているの?【書道FAQ】鎌倉市長谷の書道教室

競書課題作品は何枚くらい書いているの?

こんにちは。鎌倉市長谷の書道教室・書家 篠原遙己(しのはらようこ)です。

この前、生徒さんから聞かれた質問を皆さんにもシェア!

 

競書課題作品は何枚くらい書いているの?

当教室で使用している競書誌では、一般部だと課題が8種類あります。

  1. 漢字規定→漢文の一部を半紙に楷書で書く
  2. 随意→漢文の一部を半紙に臨書する(行書・草書)
  3. かな→半紙に散らし書き
  4. 書簡文→お手紙の一部を半紙半分の大きさに書く
  5. 巻紙→課題となる文面を自分で崩して巻紙に書く
  6. 臨書→古典の一部を臨書
  7. 条幅(漢詩文部)→半切に自由課題
  8. 条幅(国詩文部)→半切に自由課題

 

私は5巻紙以外の課題は毎月必ず出品していて、書く枚数は課題によってまちまちですが、

半紙だと1課題につき大体10枚前後、4書簡文・6臨書・7条幅漢詩文・8条幅国詩文の4課題はそれぞれ10枚以下。

全部で60枚前後になり、基本的には1日で7課題全て書いてしまいます。

書いた後に乾いてから選定して、イマイチだった課題は再度、書き直しすることもあります。

 

1ヵ月で8課題全て書くのは結構な量だと思います。

生徒さんだと1、2、3の課題だけ出品している人がほとんどです。

生徒さんたちが書いている枚数は、毎週レッスンに来ている人は1課題につき何十枚も書き込んでいますし、月に2回の人は1課題につき10枚くらいかな。

最初のうちは慣れないので、1課題完成するまでに時間が掛かると思います。

 


大人や子供の習い事として書道はいかがですか?
最後までお読みいただきありがとうございました。

湘南鎌倉市長谷の女流書家:篠原遙己(しのはらようこ)

この記事を書いた人

篠原遙己

篠原遙己

鎌倉市長谷にて書道教室を開講しており、人前で自信を持って字を書ける、美文字のコツをお伝えしています。出張レッスン、美文字講座など外部書道講師としてのご依頼も大歓迎です。また、招待状宛名書きなどの筆耕、謝辞・祝辞・入学願書等の代筆、書作品のご依頼も承ります。