夜空に打ち上る花火と短歌【うちわ作品】鎌倉市長谷の書道教室

夜空に打ち上る花火と短歌【うちわ作品】

こんにちは。鎌倉市長谷の書道教室・書家 篠原遙己(しのはらようこ)です。

今年の鎌倉花火大会がとても綺麗で、何かに残しておきたくて、海から打ち上げる花火を団扇に描いてみました。

普通の丸い形の団扇ではなく、ちょっと変わった形の千鳥団扇です。

黒い団扇が売ってなかったので、ベースも自分で塗って、顔彩や墨汁、ガッシュなど色んな道具を使っています。

花火や文字は書筆で描いていて、金や銀の顔彩を混ぜることで見る角度によって色が変化します。

製作時間は3時間弱くらいかな。

最初に花火を描いてから文字入れしたので、上手く書けるか、ちょっと緊張したけれど、イメージ通りに書けた気がします。

 

【海の月 花火いろどる 美しき】河東碧梧桐

*ベース→メタリック書道液「青」/呉竹

*文字→銀墨汁/開明

*花火→顔彩耽美ストーリーカラーズ/呉竹

*花火ガッシュ/ホルベイン

大人や子供の習い事として書道はいかがですか?
最後までお読みいただきありがとうございました。

湘南鎌倉市長谷の女流書家:篠原遙己(しのはらようこ)

この記事を書いた人

篠原遙己

篠原遙己

鎌倉市長谷にて書道教室を開講しており、人前で自信を持って字を書ける、美文字のコツをお伝えしています。出張レッスン、美文字講座など外部書道講師としてのご依頼も大歓迎です。また、招待状宛名書きなどの筆耕、謝辞・祝辞・入学願書等の代筆、書作品のご依頼も承ります。