革の印箱を作りました/鎌倉市長谷の書道教室

革の印箱を作りました/鎌倉市長谷の書道教室

革の印箱を作りました

こんにちは。鎌倉市長谷の書道教室・書家 篠原遙己(しのはらようこ)です。

昨年から作っていた、革の印箱がようやく完成!

今まで自分が彫ったものは、空き箱にいれていたけれど、まとめて入れられる印箱にしました。

一番大変だったのは仕切り。

既製品の長い仕切りを購入し、一枚ずつ長さ調節してから、呉竹のメタリック書道液(赤)で色を塗って作りました。

かなり余裕を持って作ったので、まだまだ増えても大丈夫。

何度も開け閉めして一人で喜んでいます!

大人や子供の習い事として書道はいかがですか?
最後までお読みいただきありがとうございました。

湘南鎌倉市長谷の女流書家:篠原遙己(しのはらようこ)
篠原遙己

篠原遙己

鎌倉市長谷にて書道教室を開講しており、人前で自信を持って字を書ける、美文字のコツをお伝えしています。 出張レッスン、美文字講座など外部書道講師としてのご依頼も大歓迎です。また、招待状宛名書きなどの筆耕、謝辞・祝辞・入学願書等の代筆、書作品のご依頼も承ります。

関連する投稿

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。