レッスンでの成果を普段も持続させるには【生徒さんレッスン風景】

レッスンでの成果を普段も持続させるには【生徒さんレッスン風景】

火曜日も書道教室からスタートです。

一回のレッスンで成果は出せますが、レッスン以外でも成果を出せるようになるといいですよね。

レッスンは少ない人で月に一回、一時間半くらい。

次のレッスンまで日が空くので、一歩進んでもまた後退してしまうこともあります。

 

レッスン以外でも成果を出すには、やっぱり書いて覚えるのが一番です。

わざわざ筆で練習しなくてもいいんです。

メモ書きするときに、平仮名だけちょっと練習してみるとか、1日5分でも、やるのとやらないのでは全然違います。

 

お教室では基本的に宿題はありませんが、自主的にご自宅で練習している人は、その成果がものすごく出ています。

 

私自身、今になって日々の積み重ねの大切さを実感しています。

書道を始めて何十年も経ちますが、1日一回でも筆を執ると、やはり違います。

もっと上達したい!

もっと早く成果を出したい生徒さんは、是非実践してみてくださいね。

大人や子供の習い事として書道はいかがですか?
最後までお読みいただきありがとうございました。

湘南鎌倉市長谷の女流書家:篠原遙己(しのはらようこ)
篠原遙己

篠原遙己

鎌倉市長谷にて書道教室を開講しており、人前で自信を持って字を書ける、美文字のコツをお伝えしています。 出張レッスン、美文字講座など外部書道講師としてのご依頼も大歓迎です。また、招待状宛名書きなどの筆耕、謝辞・祝辞・入学願書等の代筆、書作品のご依頼も承ります。

関連する投稿

コメントを残す