平仮名の行書を楽しく身に付ける【生徒さんビフォーアフター】

田邉古邨先生の「いろは帖」と言う本を使って、平仮名の行書に取り組んでいる生徒さんのビフォーアフター作品です。

 

平仮名の行書は、文字の崩し方に決まりはありませんが、「いろは帖」は平仮名の元の漢字をちょっと崩したような行書がたくさん書かれています。

右側の画像の「す」は、元の漢字の「寸」に近い感じで、最後のハライも少し短めになっていますね。

 

平仮名は漢字に比べて画数が少ないので、その分一本の線の太さに変化を付けたり、墨の潤渇も入れてあげると、動きのある文字になります。

 

生徒さん自身のやりたいことをサポートする書道教室です。

お好きな書体、使いたい書道具で楽しくレッスンしながら、ご自身の文字の変化を体験してみてくださいね。

自分の書いた字がどんどん好きになりますよ。

大人や子供の習い事として書道はいかがですか?
最後までお読みいただきありがとうございました。

湘南鎌倉市長谷の女流書家:篠原遙己(しのはらようこ)

この記事を書いた人

篠原遙己

篠原遙己

鎌倉市長谷にて書道教室を開講しており、人前で自信を持って字を書ける、美文字のコツをお伝えしています。出張レッスン、美文字講座など外部書道講師としてのご依頼も大歓迎です。また、招待状宛名書きなどの筆耕、謝辞・祝辞・入学願書等の代筆、書作品のご依頼も承ります。