一定のスピードではなくリズムをつけて書いてみる【生徒さんレッスン風景】

競書の仮名の課題に取り組んでいる生徒さんです。

今の競書の仮名の課題は「わかくさ帖」

美しい平仮名と連綿が特徴的ですね。

 

1つの線を書くときの基本は、筆を紙に置いて→段々上にあげて力を抜く。です。

文字と文字が繋がる連綿は、気を抜くと力の入れ抜きが逆になり、線の最後が重たくなってしまいます。

一定のスピードで書くのではなく、リズムをつけて書いてみるといいと思います。

こちらの動画は「わかくさ帖」を書いていますので参考にしてみてくださいね。

 

大人や子供の習い事として書道はいかがですか?
最後までお読みいただきありがとうございました。

湘南鎌倉市長谷の女流書家:篠原遙己(しのはらようこ)

この記事を書いた人

篠原遙己

篠原遙己

鎌倉市長谷にて書道教室を開講しており、人前で自信を持って字を書ける、美文字のコツをお伝えしています。出張レッスン、美文字講座など外部書道講師としてのご依頼も大歓迎です。また、招待状宛名書きなどの筆耕、謝辞・祝辞・入学願書等の代筆、書作品のご依頼も承ります。