小筆も穂先をしっかり立てて書く【生徒さんレッスン風景】

こんばんは、篠原です。

こちらは小筆で平仮名の基礎に取り組んでいる生徒さんです。

万葉集などの古典で使われている変体仮名が書けるようになるのが目標です。

 

小筆は中筆よりも毛が細いですが、基本的な扱い方は同じです。

半紙に対して穂先を真っ直ぐにしないとハライなどの細い線が書けません。

軸(筆を持つところ)が傾かないように意識して書いてみてくださいね。

 

大人や子供の習い事として書道はいかがですか?
最後までお読みいただきありがとうございました。

湘南鎌倉市長谷の女流書家:篠原遙己(しのはらようこ)

この記事を書いた人

篠原遙己

篠原遙己

鎌倉市長谷にて書道教室を開講しており、人前で自信を持って字を書ける、美文字のコツをお伝えしています。出張レッスン、美文字講座など外部書道講師としてのご依頼も大歓迎です。また、招待状宛名書きなどの筆耕、謝辞・祝辞・入学願書等の代筆、書作品のご依頼も承ります。