級が上がり小筆で仮名にチャレンジ/鎌倉市長谷の書道教室

級が上がり小筆で仮名にチャレンジ

こんばんは。鎌倉市長谷の書家 篠原遙己です。

級や段を取得する競書の仮名の課題は、3級までが中筆で書く課題、2級以上は小筆で書く課題に変わります。

この変わり目の時に小筆で書いた経験がないと結構、大変なんです。

 

一文字の大きさが一気に小さくなり、文字数も増え、筆も変わる。

慣れるまでは上手くいかないこともあるかもしれませんが、ここで小筆で書くことを身につけておくと冠婚葬祭など日常生活でも役立ちますね。

 

例えば書道展に行ったときの受付での記帳。

書道展だと筆だけしかないことも。

さらっと書けるようになったら、かっこいいですよね。

自分のお名前だけでも、しっかり書けるようなっておくのがおススメです。

大人や子供の習い事として書道はいかがですか?
最後までお読みいただきありがとうございました。

湘南鎌倉市長谷の女流書家:篠原遙己(しのはらようこ)

この記事を書いた人

篠原遙己

篠原遙己

鎌倉市長谷にて書道教室を開講しており、人前で自信を持って字を書ける、美文字のコツをお伝えしています。出張レッスン、美文字講座など外部書道講師としてのご依頼も大歓迎です。また、招待状宛名書きなどの筆耕、謝辞・祝辞・入学願書等の代筆、書作品のご依頼も承ります。