最初は苦手で当たり前/鎌倉市長谷の書道教室

最初は苦手で当たり前

こんにちは。鎌倉市長谷の書家・書道教室 篠原遙己(しのはらようこ)です。

こちらの生徒さんは競書の仮名の課題に取り組んでいるレッスン風景です。

 

仮名の課題は小筆になると一気に「難しい」「苦手」だと感じる生徒さんがほとんどです。

もちろん私も例にもれず、小筆での仮名の課題は苦手意識が強くて、思うように書けませんでした。

今でこそ、大分、見られるようになってきたかなと思いますが、それでも師匠と比べるとまだまだ。

 

小筆で書くのがそんなに苦痛ではなくなったのは、やっぱり意識的に使うようにしてからですね。

年賀状などの葉書、そしてお手紙なんかも小筆を使うようにして、夏目漱石の書簡をいろんな紙に書いていたら、いつの間にか苦手意識がどこかへいっていました。

 

競書の仮名の課題が難しいなと思っている生徒さんは、今の課題よりも難しいもの(文字が小さいものなど)にちょっと挑戦してみるのも苦手意識克服の一つの手です。

大人や子供の習い事として書道はいかがですか?
最後までお読みいただきありがとうございました。

湘南鎌倉市長谷の女流書家:篠原遙己(しのはらようこ)

この記事を書いた人

篠原遙己

篠原遙己

鎌倉市長谷にて書道教室を開講しており、人前で自信を持って字を書ける、美文字のコツをお伝えしています。出張レッスン、美文字講座など外部書道講師としてのご依頼も大歓迎です。また、招待状宛名書きなどの筆耕、謝辞・祝辞・入学願書等の代筆、書作品のご依頼も承ります。