「を」をカッコよく書けるようになる/鎌倉市長谷の書道教室

「を」をカッコよく書けるようになる

こんにちは。鎌倉市長谷の書家・書道教室 篠原遙己(しのはらようこ)です。

平仮名の「を」

バランス良く書くのに苦労する平仮名の一つですね。

元の漢字は「遠」ですが、この漢字から「を」になると想像するのはちょっと難しい平仮名です。

 

「を」をカッコよく書くにはポイントが幾つかあって、その中の一つが最後の線の幅を出し過ぎないこと。

2画目の斜め左下に書く線の末筆より左側に出ないようにします。

その他にもポイントがあるので、覚えておけばバランス良く書けるようになります。

大人や子供の習い事として書道はいかがですか?
最後までお読みいただきありがとうございました。

湘南鎌倉市長谷の女流書家:篠原遙己(しのはらようこ)

この記事を書いた人

篠原遙己

篠原遙己

鎌倉市長谷にて書道教室を開講しており、人前で自信を持って字を書ける、美文字のコツをお伝えしています。出張レッスン、美文字講座など外部書道講師としてのご依頼も大歓迎です。また、招待状宛名書きなどの筆耕、謝辞・祝辞・入学願書等の代筆、書作品のご依頼も承ります。