「つ」はこんな風に書けるとgood/鎌倉市長谷の書道教室

「つ」はこんな風に書けるとgood

こんにちは。鎌倉市長谷の書家・書道教室 篠原遙己(しのはらようこ)です。

平仮名の基礎に取り組んでいる生徒さんのビフォーアフター。

この二つの文字は平仮名の基礎の中盤以降に出てくるので、生徒さんも大分、筆に慣れてきているころです。

線の太さや墨の付け方も安定してきているのが分かります。

最初の頃と比べると末筆(線の最後)まで気を抜くことなく、しっかり書けていますね。

 

今はまだ半紙に2文字ですが、5文字や6文字、更に小さい文字を書くようになると、書体や線の数によって、どれくらい墨を付けたら良いのか、感覚的に分かるようになってくると思います。

同じ文字数でも、書くスピードや筆圧によって含墨量が変わってくるので、ご自身に合った墨の付け方が分かるようなるといいですね。

大人や子供の習い事として書道はいかがですか?
最後までお読みいただきありがとうございました。

湘南鎌倉市長谷の女流書家:篠原遙己(しのはらようこ)

この記事を書いた人

篠原遙己

篠原遙己

鎌倉市長谷にて書道教室を開講しており、人前で自信を持って字を書ける、美文字のコツをお伝えしています。出張レッスン、美文字講座など外部書道講師としてのご依頼も大歓迎です。また、招待状宛名書きなどの筆耕、謝辞・祝辞・入学願書等の代筆、書作品のご依頼も承ります。