文字と文字の繋がりを意識して書く/鎌倉市長谷の書道教室

文字と文字の繋がりを意識して書く

こんにちは。鎌倉市長谷の書道教室・書家 篠原遙己(しのはらようこ)です。

わかくさ帖を使って変体仮名の臨書に取り組んでいる生徒さん。

臨書って何?と言う方はこちらを読んでみてくださいね。

わかくさ帖は文字も大きめ、一つの言葉毎で完結しているので臨書が初めての方でも割ととっかかりやすいかなと思います。

でも連綿(文字と文字の繋がり)はしっかり入っているので、筆の動きは結構、激しいです。

中筆で書くので、それだけ腕の動きも大きくなりますね。

 

文字と文字がどうやって繋がっているのか意識しながら書くのがおススメです。

連綿が自然と出来るようになったら、お手紙を書く時にも是非、取り入れてみて欲しいです。

 

大人や子供の習い事として書道はいかがですか?
最後までお読みいただきありがとうございました。

湘南鎌倉市長谷の女流書家:篠原遙己(しのはらようこ)

この記事を書いた人

篠原遙己

篠原遙己

鎌倉市長谷にて書道教室を開講しており、人前で自信を持って字を書ける、美文字のコツをお伝えしています。出張レッスン、美文字講座など外部書道講師としてのご依頼も大歓迎です。また、招待状宛名書きなどの筆耕、謝辞・祝辞・入学願書等の代筆、書作品のご依頼も承ります。