顔真卿の祭姪文稿を観に行ってきました!/鎌倉市長谷の書道教室

顔真卿の祭姪文稿を観に行ってきました!

こんにちは。鎌倉市長谷の書道教室・書家 篠原遙己(しのはらようこ)です。

昨日は東京国立博物館まで顔真卿の祭姪文稿を観に行ってきました!

祝日なので混んでいることは覚悟して行ったのですが博物館に入るまでに20分待ち、更に祭姪文稿を観るのに90分待ちと、某ねずみの国のアトラクション並みの待ち時間でした。。。

あ、祭姪文稿以外は並ばずに観られますよ。

祭姪文稿は想像よりも柔らかい線でちょっと驚きました。

写真だと力強いイメージだったのです。

基本的に写真や動画撮影禁止で唯一これだけ撮影OKでした。

たくさんの書が公開されているので閉館ギリギリまで粘りましたが、平日にもう一回行きたいな。

 

図録も購入してきたのですが分厚い辞典並みの重さと厚みです。

興味のある生徒さんにはお見せしますのでお声掛けくださいね。

 

 

特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」

【会期】2019年1月16日(水) ~2月24日(日)

【会場】東京国立博物館 平成館(上野公園)

【開館時間 】9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)

※ただし、会期中の金曜・土曜は21:00まで開館)

【展覧会公式サイト】https://ganshinkei.jp/

 

大人や子供の習い事として書道はいかがですか?
最後までお読みいただきありがとうございました。

湘南鎌倉市長谷の女流書家:篠原遙己(しのはらようこ)

この記事を書いた人

篠原遙己

篠原遙己

鎌倉市長谷にて書道教室を開講しており、人前で自信を持って字を書ける、美文字のコツをお伝えしています。出張レッスン、美文字講座など外部書道講師としてのご依頼も大歓迎です。また、招待状宛名書きなどの筆耕、謝辞・祝辞・入学願書等の代筆、書作品のご依頼も承ります。