「流麗な筆致が観者を楽しませてくれる」変体仮名臨書作品が競書に掲載されました/鎌倉市長谷の書道教室

「流麗な筆致が観者を楽しませてくれる」変体仮名臨書作品が競書に掲載されました

こんにちは。鎌倉市長谷の書道教室・書家 篠原遙己(しのはらようこ)です。

昨日の午後の土曜日レッスンが終わったあと、ポストに新しい競書が届いていました!

 

早速、生徒さん達の結果をチェック。

競書に取り組んでいる生徒さんの中には、将来的にお教室を開きたいと言う人もいらっしゃいます。

師範免状を取得しなくても書道教室は開けますが、人に伝えることが出来るのかどうかはまた別の話ですよね。

師範免状を取得するまでの道のりの中でたくさんのことを吸収して自信をつけてお教室開講できるといいですよね。

ちょっと話が逸れましたが、新しい競書には、珍しく私の臨書作品が写真掲載されていました。

確かにコメントに書いてあるように、他の作品と比べてもちょっと右上がりが強いですね。

でも「流麗な筆致が観者を楽しませてくれる」って、何だかとても嬉しいです。

流麗=調子が滑らかで美しいこと。と言う意味です。

 

師範だと私より上の方がたくさんいらっしゃるので、なかなか一番にはならない。

臨書は出品している人が少ないから掲載される可能性がちょっと高いのだと思います。

 

大人や子供の習い事として書道はいかがですか?
最後までお読みいただきありがとうございました。

湘南鎌倉市長谷の女流書家:篠原遙己(しのはらようこ)

この記事を書いた人

篠原遙己

篠原遙己

鎌倉市長谷にて書道教室を開講しており、人前で自信を持って字を書ける、美文字のコツをお伝えしています。出張レッスン、美文字講座など外部書道講師としてのご依頼も大歓迎です。また、招待状宛名書きなどの筆耕、謝辞・祝辞・入学願書等の代筆、書作品のご依頼も承ります。