途中で線が太くなったり細くなったりするのは何故?/鎌倉市長谷の書道教室

途中で線が太くなったり細くなったりするのは何故?

こんにちは。鎌倉市長谷の書道教室・書家 篠原遙己(しのはらようこ)です。

筆ペンでのレッスンに来てくださっている生徒さん。

ご自宅でも練習して来て下ることが多くて、やはり書く回数が多いと上達するのが早いです。

筆ペンは慣れるまでは線がぶれてしまったりすることが多いのですが、最初の頃と比べると、線がとてもしっかりしてきて、文字の形を捉えるのも見違えるほど上手くなっています。

 

筆ペンだけでなく中筆でもそうですが、線の太さが途中で細くなったり太くなったりするのは、書いている時に上下に腕が動いてしまっているからです。

見た目には気付かないくらいの僅かな動きですが、これがブレの原因になります。

最初に筆を紙に置いた後、一呼吸してから線を引くようにするとブレにくくなると思うので試してみてくださいね。

 

大人や子供の習い事として書道はいかがですか?
最後までお読みいただきありがとうございました。

湘南鎌倉市長谷の女流書家:篠原遙己(しのはらようこ)

この記事を書いた人

篠原遙己

篠原遙己

鎌倉市長谷にて書道教室を開講しており、人前で自信を持って字を書ける、美文字のコツをお伝えしています。出張レッスン、美文字講座など外部書道講師としてのご依頼も大歓迎です。また、招待状宛名書きなどの筆耕、謝辞・祝辞・入学願書等の代筆、書作品のご依頼も承ります。