名前は本文に見合った大きさで書きましょう/鎌倉市長谷の書道教室

名前は本文に見合った大きさで書きましょう

こんにちは。鎌倉市長谷の書道教室・書家 篠原遙己(しのはらようこ)です。

2019年10月号の競書に掲載されていた生徒さんの課題作品です。

こちらは随意と言って漢字草書・行書の臨書が課題でした。

コメントにある「落款」と言うのは「名前」のことです。

本文を書いてから最後に名前を書き入れますが、Hさんはいつも小さいので、レッスン中に何度も声掛けしていました。

審査される方もきっと同じ意見だったのですね。

競書に掲載されている他の作品を見ると、どれくらいの大きさで名前を書くと良いのか分かると思いますので見てみてくださいね。

せっかく本文が上手く書けていても名前が小さいと勿体ないですよ。

 

大人や子供の習い事として書道はいかがですか?
最後までお読みいただきありがとうございました。

湘南鎌倉市長谷の女流書家:篠原遙己(しのはらようこ)

この記事を書いた人

篠原遙己

篠原遙己

鎌倉市長谷にて書道教室を開講しており、人前で自信を持って字を書ける、美文字のコツをお伝えしています。出張レッスン、美文字講座など外部書道講師としてのご依頼も大歓迎です。また、招待状宛名書きなどの筆耕、謝辞・祝辞・入学願書等の代筆、書作品のご依頼も承ります。