長谷寺の除夜の鐘/鎌倉市長谷の書道教室

長谷寺の除夜の鐘

こんにちは。鎌倉市長谷の書道教室・書家 篠原遙己(しのはらようこ)です。

昨晩の大晦日、初めて除夜の鐘をつきに長谷寺に行ってきました!

鎌倉に20年以上住んでいるのに除夜の鐘をつけるところがあるなんて全然、知らなくて、生徒さんに教えて貰いました。

22時から整理券が配布されるので21時15分くらいから並び始めて、ぎりぎり94番目の整理券をゲット。

その後、年越し蕎麦を食べるために一旦自宅に戻りました。

年越し蕎麦は娘のリクエストでとろろ蕎麦。

除夜の鐘は23時55分くらいから一般の人がつき始めると聞いたので、23時45分くらいに境内についていたのですが、そこからが長かったです・・・。

整理券を配布している方から「番号順に鐘をつくわけではないですよ」と聞いていたのに、実際には番号順でした。

94番なので順番が回ってきたのは1時近くで、かなり寒かったです。

それでも子供と3人で(夫はご就寝)除夜の鐘をつけたのは貴重な体験でした。

思っていたより振動と音が凄くて3人で驚きました。

 

初詣の参拝客もたくさんいて、境内での万灯祈願のロウソクも幻想的でとっても美しかったです。

 

年末年始の長谷寺って、大晦日23時から元日8時までは無料で入山できることも初めて知って、地元なのに知らないことだらけでした。

 

大人や子供の習い事として書道はいかがですか?
最後までお読みいただきありがとうございました。

湘南鎌倉市長谷の女流書家:篠原遙己(しのはらようこ)

この記事を書いた人

篠原遙己

篠原遙己

鎌倉市長谷にて書道教室を開講しており、人前で自信を持って字を書ける、美文字のコツをお伝えしています。出張レッスン、美文字講座など外部書道講師としてのご依頼も大歓迎です。また、招待状宛名書きなどの筆耕、謝辞・祝辞・入学願書等の代筆、書作品のご依頼も承ります。