初めての毛筆レッスンで伝えていること【子供書道教室】鎌倉市長谷の書道教室

初めての毛筆レッスンで伝えていること

こんにちは。鎌倉市長谷の書道教室・書家 篠原遙己(しのはらようこ)です。

今まで硬筆レッスンだけだった小学生のRちゃんが、初めて毛筆にチャレンジしました。

学校の授業では筆を使ったことがありますが、お教室では初めてです。

 

 

小学校では墨の付け方や筆の持ち方など、詳しく教えて貰っていないと言っていたので、

まずはそこから。

何も知らないと、墨をつけた筆を持ったまま半紙を出したり、文鎮を動かしたりしてしまうので、新しい半紙にポタポタ墨が垂れてしまったり、周りに飛び散ったりしてしまいます。

「書く」以外の動作をするときは、必ず筆を置いてからね。と繰り返し伝えています。

これは大人も一緒ですよ。

基本的な線の書き方を練習してから、ご本人希望の文字「西」を書いてもらいました。

見違えるように上手に書けるようになりました!

大人や子供の習い事として書道はいかがですか?
最後までお読みいただきありがとうございました。

湘南鎌倉市長谷の女流書家:篠原遙己(しのはらようこ)

この記事を書いた人

篠原遙己

篠原遙己

鎌倉市長谷にて書道教室を開講しており、人前で自信を持って字を書ける、美文字のコツをお伝えしています。出張レッスン、美文字講座など外部書道講師としてのご依頼も大歓迎です。また、招待状宛名書きなどの筆耕、謝辞・祝辞・入学願書等の代筆、書作品のご依頼も承ります。