書く文字に性格やクセが出てしまう時の解消方法【書道FAQ】鎌倉市長谷の書道教室

書く文字に性格やクセが出てしまう時の解消方法

こんにちは。鎌倉市長谷の書家・書道教室 篠原遙己(しのはらようこ)です。

いきなりですが、あなたは感覚派ですか?

それとも理論派ですか?

 

書道をやる時にも、その人の性格やクセが、書き方・文字に表れます。

頭で理解しようとする人は、書くスピードもゆっくりで、納得するまで書き込む、楷書が得意な人が多いです。

反対に文字を絵のように捉えている人は、感覚で書くので、書くスピードも速く、草書が得意な傾向があります。

 

苦手な書体は見ていると、直ぐに分かります。

 

どちらが良いとか悪いとかではなく、得意な書体は、そのまま伸ばしていき、ちょっと苦手な書体の時は、書き方を変えてみると良いかもしれません。

 

言葉で上手く説明しにくいのですが、生徒さん達には、

「◯◯のようにして書いてみて。」と話すときに、同じ内容でも人によって伝え方や例えを変えると、ぐっと良くなることが多いのです。

大人や子供の習い事として書道はいかがですか?
最後までお読みいただきありがとうございました。

湘南鎌倉市長谷の女流書家:篠原遙己(しのはらようこ)

この記事を書いた人

篠原遙己

篠原遙己

鎌倉市長谷にて書道教室を開講しており、人前で自信を持って字を書ける、美文字のコツをお伝えしています。出張レッスン、美文字講座など外部書道講師としてのご依頼も大歓迎です。また、招待状宛名書きなどの筆耕、謝辞・祝辞・入学願書等の代筆、書作品のご依頼も承ります。