いろんな書体が書けるようになるメリット【生徒さんビフォーアフター】

いろんな書体が書けるようになるメリット【生徒さんビフォーアフター】

競書への出品の最終目標は、師範免状を取ること。

つまりお手本が書けるようになることです。

 

楷書だけとか、行書だけと言うのではなく、いろいろな書体をバランスよく書けるようにならないと、お手本は書けないですよね。

 

お教室で使っている競書は、楷書、行書、草書、仮名、変体仮名と大体の書体での課題があり、

更には紙の大きさもいろいろで、半紙、巻紙、半切と違う大きさの紙に書く書き方もマスターできます。

 

課題全てを毎月出品するのは大変かもしれませんが、その分、いろんなことを身に付けられますので、生徒さんたちは少しずつでいいので出品数を増やしていくといいですね。

一緒に頑張りましょう!

 

大人や子供の習い事として書道はいかがですか?
最後までお読みいただきありがとうございました。

湘南鎌倉市長谷の女流書家:篠原遙己(しのはらようこ)
篠原遙己

篠原遙己

鎌倉市長谷にて書道教室を開講しており、人前で自信を持って字を書ける、美文字のコツをお伝えしています。 出張レッスン、美文字講座など外部書道講師としてのご依頼も大歓迎です。また、招待状宛名書きなどの筆耕、謝辞・祝辞・入学願書等の代筆、書作品のご依頼も承ります。

関連する投稿

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。