墨の付け方は、書くスピードや筆圧によって人それぞれ違う【生徒さんレッスン風景】

こちらの生徒さんが書かれているのは、とりな歌を使った、競書出品に向けての練習です。

 

半紙に5文字を入れて頂くので、最初は文字の置き方や中心の取り方、墨の付け方など試行錯誤されますが、枚数を重ねるごとに生徒さん自身で改善点を見付けられるようになってきます。

 

特に墨の付け方は、書くスピードや筆圧によって人それぞれ違うので、

「この文字の大きさと画数の時は、これくらい墨を付けると丁度良い」

と言う感覚を自分でしっかりと身につけてくださいね。

 

墨がたくさん付いているときは、線が太く滲みやすくなるので、ちょっとスピードアップして筆圧も弱めに、墨が少なくなって来たら、ゆっくり書くといいですね。

 

大人や子供の習い事として書道はいかがですか?
最後までお読みいただきありがとうございました。

湘南鎌倉市長谷の女流書家:篠原遙己(しのはらようこ)

この記事を書いた人

篠原遙己

篠原遙己

鎌倉市長谷にて書道教室を開講しており、人前で自信を持って字を書ける、美文字のコツをお伝えしています。出張レッスン、美文字講座など外部書道講師としてのご依頼も大歓迎です。また、招待状宛名書きなどの筆耕、謝辞・祝辞・入学願書等の代筆、書作品のご依頼も承ります。