有料老人ホームのお手本書き【有料老人ホーム書道講師】鎌倉市長谷の書道教室

有料老人ホームでの書道教室にご参加くださるご入居者様の中には、割りと難しい課題に取り組んでいる方も多く、半紙に5文字の行書を書かれたりしています。

最初から、これくらい書かれたりするので、きっと基礎がしっかり出来ているのですね。

お手本は毎月新しいものを必ず書くことにしていて、少し先の季節の言葉を選ぶようにしています。

 

施設に伺う書道講師のお仕事って、今はなかなか引き受ける方が少ないと聞いています。

書道の先生の年齢層が高いということもありますし、色んなご要望に応えていく必要がありますよね。

 

私は4か所の有料老人ホームに伺わせて貰っていますが、参加者のレベルも様々で、使う書道具もそれぞれ違います。

それでもご参加くださった方が笑顔で書いてくださっているのを見ると、こちらも楽しくなるんです。

もっと他の施設でもお手伝いできたらと思っているので、ご依頼大歓迎です!

 

大人や子供の習い事として書道はいかがですか?
最後までお読みいただきありがとうございました。

湘南鎌倉市長谷の女流書家:篠原遙己(しのはらようこ)

この記事を書いた人

篠原遙己

篠原遙己

鎌倉市長谷にて書道教室を開講しており、人前で自信を持って字を書ける、美文字のコツをお伝えしています。出張レッスン、美文字講座など外部書道講師としてのご依頼も大歓迎です。また、招待状宛名書きなどの筆耕、謝辞・祝辞・入学願書等の代筆、書作品のご依頼も承ります。