平仮名の概念が変わるかもしれない【生徒さんビフォーアフター】

平仮名の「よ」と「は」は、画像(右側)から分かるように、最後の穴の形が同じになります。

横長の三角形を意識して書くといいですよ。

 

この形は元の漢字から平仮名になるときに、漢字が崩れていくと、こういう形になるから。とちゃんと理由があります。

 

他にも穴のあく平仮名はたくさんありますよね。

な、ま、ぬ、ね、の、お・・・

結構たくさんありますが、どれも形は決まっていて、全部、三角形ですが横長だったり、正三角形に近いものもあります。

 

こんな風に平仮名を元の漢字から紐解いていくと、奥深いと思いませんか?

今まで何気なく書いていた平仮名の概念が変わるかもしれません。

 

大人や子供の習い事として書道はいかがですか?
最後までお読みいただきありがとうございました。

湘南鎌倉市長谷の女流書家:篠原遙己(しのはらようこ)

この記事を書いた人

篠原遙己

篠原遙己

鎌倉市長谷にて書道教室を開講しており、人前で自信を持って字を書ける、美文字のコツをお伝えしています。出張レッスン、美文字講座など外部書道講師としてのご依頼も大歓迎です。また、招待状宛名書きなどの筆耕、謝辞・祝辞・入学願書等の代筆、書作品のご依頼も承ります。