半年に一度の昇格試験で飛び級も?!【生徒さんレッスン風景】

競書に取り組まれている生徒さんは、半年に1回、昇格試験があります。

毎月の課題とは別に、成績が良ければ飛び級もある試験です。

 

課題は所属級によって違いますが、漢字部は楷書、行書、草書の3枚、仮名部は半紙1枚が基本で、段になるとこの他に半切も必要になってきます。

 

因みに師範試験もこの昇格試験の時にしか受けられません。

師範試験は課題がたくさんあって論文、巻き紙もあるんですよ。

つまりペン字、お手紙や原稿用紙の書き方なんかもチェックされているのです。

 

師範試験の時に書道って、ただ文字をキレイに書くだけじゃなくて、いろんな知識も必要なんだと思った私でした。

 

書道教室では師範免状の取得も可能です。

あなたのやりたいことを教えてください。

 


大人や子供の習い事として書道はいかがですか?
最後までお読みいただきありがとうございました。

湘南鎌倉市長谷の女流書家:篠原遙己(しのはらようこ)

この記事を書いた人

篠原遙己

篠原遙己

鎌倉市長谷にて書道教室を開講しており、人前で自信を持って字を書ける、美文字のコツをお伝えしています。出張レッスン、美文字講座など外部書道講師としてのご依頼も大歓迎です。また、招待状宛名書きなどの筆耕、謝辞・祝辞・入学願書等の代筆、書作品のご依頼も承ります。