初の随意(漢字を崩した書体)部門で、生徒さんが写真掲載されました!【生徒さんの成果】

お教室では初の随意(漢字を崩した書体)部門で、生徒さんが写真掲載されました!

皆さん競書に出品し始めてから、まだ一年足らずなのに、ものすごい勢いで成長しています。

掲載コメントで「筆が立っている」と書いていただくことが多いのですが、

これは書いているときに筆が真っ直ぐで傾いていない状態のことで、生徒さん達には良くお声がけしていますね。

お伝えしていることをちゃんと実践していて、書いた線にちゃんと表れていると言うことです。

 

私も負けないようにたくさん書こう。

 


大人や子供の習い事として書道はいかがですか?
最後までお読みいただきありがとうございました。

湘南鎌倉市長谷の女流書家:篠原遙己(しのはらようこ)

この記事を書いた人

篠原遙己

篠原遙己

鎌倉市長谷にて書道教室を開講しており、人前で自信を持って字を書ける、美文字のコツをお伝えしています。出張レッスン、美文字講座など外部書道講師としてのご依頼も大歓迎です。また、招待状宛名書きなどの筆耕、謝辞・祝辞・入学願書等の代筆、書作品のご依頼も承ります。