できると思えばできる、できないと思えばできない。【動画】

中筆で「とりな歌」を書いてみました。

平仮名48文字全部入っていて、一行12文字ずつ。

 

穂先を使う練習をしたかったので、敢えて文字の大きさには不釣り合いな太さの筆で。

穂先を細かく動かすのと、裾を揃えるのが難しい!

 

生徒さん達の中には今、取り組んでいるものが「書けない」って思いこんでいる人もたくさん居ます。

 

でも最初に筆を執ったときのことを思い出してみてください。

半紙に平仮名2文字から始めた人がほとんどのはず。

筆の持ち方や墨の付け方もままならなかった、その時から比べたら、ずっとずっと上達しているし、見違えるようになっていますよ。

 

私の好きな言葉でパブロ・ピカソの言葉があります。

「できない」と自分の可能性をそこでストップさせるのではなく、「できる」と自分を信じて欲しいなと思います。

できるようにするのが私の役目でもあるので、ご安心を(^^)


<パブロ・ピカソの言葉>

He can who thinks he can, and he can’t who thinks he can’t. This is an inexorable, indisputable law.

『できると思えばできる、できないと思えばできない。これは、ゆるぎない絶対的な法則である。』

 

大人や子供の習い事として書道はいかがですか?
最後までお読みいただきありがとうございました。

湘南鎌倉市長谷の女流書家:篠原遙己(しのはらようこ)

この記事を書いた人

篠原遙己

篠原遙己

鎌倉市長谷にて書道教室を開講しており、人前で自信を持って字を書ける、美文字のコツをお伝えしています。出張レッスン、美文字講座など外部書道講師としてのご依頼も大歓迎です。また、招待状宛名書きなどの筆耕、謝辞・祝辞・入学願書等の代筆、書作品のご依頼も承ります。