行のすそを揃えて書くにはどうしたらいい?【生徒さんの成果】

 

こんばんは、篠原です。

GWいかがお過ごしですか?

鎌倉は例年通り初日から大混雑!

駅の方には近づかないようにしています(笑)

さて、こちらの画像はとりな歌を使って、平仮名の行書に取り組んでいた生徒さんです。

何か月か続けてきて、少しずつ裾が揃うようになってきました!

お手本通りに書いているつもりでも毎回、同じ大きさの文字が書けるわけではないので、裾を揃えるのは結構大変なんです。

最後の一文字で揃えようとすると上手くいかないので、行の最後の2~3文字くらい前でどれくらい余っているか確認しながら書くといいですね。

 

大人や子供の習い事として書道はいかがですか?
最後までお読みいただきありがとうございました。

湘南鎌倉市長谷の女流書家:篠原遙己(しのはらようこ)

この記事を書いた人

篠原遙己

篠原遙己

鎌倉市長谷にて書道教室を開講しており、人前で自信を持って字を書ける、美文字のコツをお伝えしています。出張レッスン、美文字講座など外部書道講師としてのご依頼も大歓迎です。また、招待状宛名書きなどの筆耕、謝辞・祝辞・入学願書等の代筆、書作品のご依頼も承ります。