つまづきやすい文字は人によって違う【生徒さんレッスン風景】

つまづきやすい文字は人によって違う

こんにちは。鎌倉市長谷の書家・書道教室 篠原遙己(しのはらようこ)です。

平仮名48文字の基礎に取り組んでいる生徒さん。

48文字もあるので、人によって得意な文字もあれば、そうでない文字もあります。

 

筆って鉛筆と違って、書くところが毛で出来ていて細い線も太い線も書けます。

線の太さを使い分けられるようなると、一文字でもとても表情豊かな文字になるのですが、一方で同じ太さだと単調で平面的になってしまうのですね。

 

筆に慣れるまでは腕周りや手首の動きが硬いので、線の太さを変えるのが難しいかもしれませんが、それは書く回数が増えれば増えるほど上手くなります。

最初から上手く書ける人なんて、まず居ません。

出来なくて当たり前なので、落ち込むことはないですよね。

1回のレッスンで何かしら変化がありますから。

 

大人や子供の習い事として書道はいかがですか?
最後までお読みいただきありがとうございました。

湘南鎌倉市長谷の女流書家:篠原遙己(しのはらようこ)

この記事を書いた人

篠原遙己

篠原遙己

鎌倉市長谷にて書道教室を開講しており、人前で自信を持って字を書ける、美文字のコツをお伝えしています。出張レッスン、美文字講座など外部書道講師としてのご依頼も大歓迎です。また、招待状宛名書きなどの筆耕、謝辞・祝辞・入学願書等の代筆、書作品のご依頼も承ります。