小筆でも筆の裏表をしっかり意識する/鎌倉市長谷の書道教室

小筆でも筆の裏表をしっかり意識する

こんにちは。鎌倉市長谷の書家・書道教室 篠原遙己(しのはらようこ)です。

小筆でとりな歌の行書に取り組んでいる生徒さんです。

とりな歌には平仮名48文字全てが入っていて、一つの歌になっています。

最初は半紙2枚に8行、次に半紙1.5枚に6行、最終的には半紙1枚に5行で書ける様に、少しずつ文字を小さくしていっています。

小さい文字は筆の裏表の使い方が曖昧になりがちなので、中筆で書いた時と同じように、1本の線の書き始めと書き終わり、筆の裏で書き始めるところなど、しっかり意識して書いてみてくださいね。

大人や子供の習い事として書道はいかがですか?
最後までお読みいただきありがとうございました。

湘南鎌倉市長谷の女流書家:篠原遙己(しのはらようこ)

この記事を書いた人

篠原遙己

篠原遙己

鎌倉市長谷にて書道教室を開講しており、人前で自信を持って字を書ける、美文字のコツをお伝えしています。出張レッスン、美文字講座など外部書道講師としてのご依頼も大歓迎です。また、招待状宛名書きなどの筆耕、謝辞・祝辞・入学願書等の代筆、書作品のご依頼も承ります。