穴はしっかり空けて、裾を揃える/鎌倉市長谷の書道教室

穴はしっかり空けて、裾を揃える

こんにちは。鎌倉市長谷の書家・書道教室 篠原遙己(しのはらようこ)です。

 

平仮名の「め」を書くときのコツは、まずは穴をしっかり空けること。

一画目の線を書くときに、真っ直ぐではなく、少し左側にカーブさせてみてください。(画像右)

真っ直ぐ書くよりも穴が空きやすいはずです。

 

次に裾を揃えること。

一画目の最後、二画目の折れ曲がるところ、最後のハライが横一直線になるように書きます。

この3つの裾が揃っていないのと(画像左)、揃っている(画像右)のでは、見た目の印象が全然違います。

裾を揃えて書くには、一つ前の線がどこまでなのか、これから書く線をどこまでにするのか、

をしっかり考えながら書いてみてくださいね。

大人や子供の習い事として書道はいかがですか?
最後までお読みいただきありがとうございました。

湘南鎌倉市長谷の女流書家:篠原遙己(しのはらようこ)

この記事を書いた人

篠原遙己

篠原遙己

鎌倉市長谷にて書道教室を開講しており、人前で自信を持って字を書ける、美文字のコツをお伝えしています。出張レッスン、美文字講座など外部書道講師としてのご依頼も大歓迎です。また、招待状宛名書きなどの筆耕、謝辞・祝辞・入学願書等の代筆、書作品のご依頼も承ります。