昇級する早さは書いている枚数に比例する/鎌倉市長谷の書道教室

昇級する早さは書いている枚数に比例する

こんにちは。鎌倉市長谷の書家・書道教室 篠原遙己(しのはらようこ)です。

 

たまたまこの日の土曜日レッスンは、全員競書に取り組んでいる生徒さん達でした。

それぞれの階級は違いますが課題はほぼ同じ。

画像は漢字の楷書の課題ですね。

 

競書に出品していると、直ぐに昇級する方もいますが、そうでない方もいらっしゃいます。

ではその違いは何なのか?

一つだけ確実に言えることは、書いている枚数に比例する。と言うこと。

 

レッスンに通う回数が同じだったとしても、昇級するのが早い人は皆さん、ご自宅で練習しています。

自宅学習は必須ではありませんが、「早く昇級したい!」と思っている生徒さんは、少しだけでも練習する時間を持ってみてください。

書かなくても、競書を見るだけでも違いますよ。

大人や子供の習い事として書道はいかがですか?
最後までお読みいただきありがとうございました。

湘南鎌倉市長谷の女流書家:篠原遙己(しのはらようこ)

この記事を書いた人

篠原遙己

篠原遙己

鎌倉市長谷にて書道教室を開講しており、人前で自信を持って字を書ける、美文字のコツをお伝えしています。出張レッスン、美文字講座など外部書道講師としてのご依頼も大歓迎です。また、招待状宛名書きなどの筆耕、謝辞・祝辞・入学願書等の代筆、書作品のご依頼も承ります。