「苦手」を「好き」に変えよう!/鎌倉市長谷の書道教室

「苦手」を「好き」に変えよう!

こんにちは。鎌倉市長谷の書家・書道教室 篠原遙己(しのはらようこ)です。

画像のお二人は競書に取り組んでいる生徒さんです。

それぞれ好きな書体が違うようで、書いているのを見ると直ぐに分かります。

好きな書体だとのびのび楽しそうに書かれていますが、苦手意識のある書体だと何だか書いているときの表情も険しいですよ(笑)

 

苦手=下手

と言うことではなくて、自分の思い通りに書けるようになると苦手が好きに変わります。

少し時間はかかるかもしれませんが、苦手が好きになるといいですね。

 

私は変体仮名(古典の文字)がものすごく苦手でした。

読めないし、書けない。

でも意識的に変体仮名をたくさん書くようにしたら、少しずつですが読めるようになって、そしたら書くこともいつの間にか苦手ではなくなっていました。

今は自分が書く文字が好きになりました。

大人や子供の習い事として書道はいかがですか?
最後までお読みいただきありがとうございました。

湘南鎌倉市長谷の女流書家:篠原遙己(しのはらようこ)

この記事を書いた人

篠原遙己

篠原遙己

鎌倉市長谷にて書道教室を開講しており、人前で自信を持って字を書ける、美文字のコツをお伝えしています。出張レッスン、美文字講座など外部書道講師としてのご依頼も大歓迎です。また、招待状宛名書きなどの筆耕、謝辞・祝辞・入学願書等の代筆、書作品のご依頼も承ります。