書くときに平仮名(のお手本)が頭に入っているので迷わなくなりました/鎌倉市長谷の書道教室

書くときに平仮名(のお手本)が頭に入っているので迷わなくなりました

こんにちは。鎌倉市長谷の書家・書道教室 篠原遙己(しのはらようこ)です。

筆ペン、競書に取り組んでいる生徒さん達。

 

筆ペンの生徒さんは先日、平仮名48文字が終わり、次は平仮名・カタカタ・漢字(平仮名の元の漢字)の3種類を同時進行で進めていきます。

いつもご自宅で練習してきてくださるので、今までやってきた平仮名48文字を少し小さめの文字で書いてみることをお勧めしました。

葉書とは手紙に書くときの文字の大きさにしたので実用的です。

 

嬉しいことにご家族にも「劇的に上手くなっている」と言われたそうです!

ご本人も「手紙を書くときに平仮名(のお手本)が頭に入っているので迷わなくなりました」と仰っていて素晴らしい!と思いました。

レッスンに来てくださるようになってから半年と言う短期間で頭に入っているのは、それだけたくさん書いているからですね。

この勢いでカタカナと漢字もマスターしていきましょう。

 

大人や子供の習い事として書道はいかがですか?
最後までお読みいただきありがとうございました。

湘南鎌倉市長谷の女流書家:篠原遙己(しのはらようこ)

この記事を書いた人

篠原遙己

篠原遙己

鎌倉市長谷にて書道教室を開講しており、人前で自信を持って字を書ける、美文字のコツをお伝えしています。出張レッスン、美文字講座など外部書道講師としてのご依頼も大歓迎です。また、招待状宛名書きなどの筆耕、謝辞・祝辞・入学願書等の代筆、書作品のご依頼も承ります。