筆で書くと、見たことのない平仮名が・・・/鎌倉市長谷の書道教室

筆で書くと、見たことのない平仮名が・・・

こんにちは。鎌倉市長谷の書家・書道教室 篠原遙己(しのはらようこ)です。

まだレッスンに来てくださるようになって間もない生徒さんのビフォーアフターです。

 

平仮名の基礎で新しい文字に入るときは、最初にお手本なしで書いてもらっています。

これは後で自分の文字がどれくらい変化したか実感していただくためです。

 

が、このお手本なしで書く平仮名が、たまに見たことのない文字になってしまうことがあります。

筆だと、鉛筆やボールペンなどと感覚が違うので、どんな形だったか分からなくなってしまうそうです。

でも間違えてしまっても気にすることはありません。

最後にしっかり書けていればOKです。

大人や子供の習い事として書道はいかがですか?
最後までお読みいただきありがとうございました。

湘南鎌倉市長谷の女流書家:篠原遙己(しのはらようこ)

この記事を書いた人

篠原遙己

篠原遙己

鎌倉市長谷にて書道教室を開講しており、人前で自信を持って字を書ける、美文字のコツをお伝えしています。出張レッスン、美文字講座など外部書道講師としてのご依頼も大歓迎です。また、招待状宛名書きなどの筆耕、謝辞・祝辞・入学願書等の代筆、書作品のご依頼も承ります。