半切半分に書いた夏目漱石の書簡【書作品】鎌倉市長谷の書道教室

半切半分に書いた夏目漱石の書簡【書作品】鎌倉市長谷の書道教室

半切半分に書いた夏目漱石の書簡

こんにちは。鎌倉市長谷の書道教室・書家 篠原遙己(しのはらようこ)です。

こちらは2014年に書いた作品で夏目漱石の書簡です。

半切サイズの(約135㎝×35㎝)紙を、長手方向に半分にカットし、巻紙のようにして書きました。

全部で200cmくらいの長さがあります。

昔はお手紙を巻紙に書いていたので、こんな感じでしょうか。

 

大人や子供の習い事として書道はいかがですか?
最後までお読みいただきありがとうございました。

湘南鎌倉市長谷の女流書家:篠原遙己(しのはらようこ)
篠原遙己

篠原遙己

鎌倉市長谷にて書道教室を開講しており、人前で自信を持って字を書ける、美文字のコツをお伝えしています。 出張レッスン、美文字講座など外部書道講師としてのご依頼も大歓迎です。また、招待状宛名書きなどの筆耕、謝辞・祝辞・入学願書等の代筆、書作品のご依頼も承ります。

関連する投稿

小さい縦長の印材に「兩忘」【篆刻作品】

小さい縦長の印材に「兩忘」【篆刻作品】

小さい縦長の印材に「兩忘」【篆刻作品】 先日、扇子に書かせて頂いた禅語の意味がとても良かったので、印材(石)に彫ってみました。 印材の大きさは、縦12ミリ×横6ミリと小さめなので、ハガキや色紙用ですね。 文字部分が白抜き

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。