いろんな点、点の種類は一つじゃない/鎌倉市長谷の書道教室

いろんな点、点の種類は一つじゃない

こんにちは。鎌倉市長谷の書道教室・書家 篠原遙己(しのはらようこ)です。

平仮名の基礎に取り組んでいる生徒さんのビフォーアフターです。

平仮名の「ほ」、元の漢字は「保」

最後の横線がちょっと右下がりになってしまったのが惜しかったですが、一画目の縦線は段々細くなっていて、上手に書けました。

 

平仮名の「ふ」、元の漢字は「不」

「ふ」には点が3つありますが、生徒さん達には「全部同じではなく、違うと思って書いてくださいね」とお伝えしています。

見た目には点ですが、線だと思って書きます。

濁点もそうなのですが、長い文章になって濁点や句読点がたくさん入っている時、全部同じ形だと、そこだけ悪目立ちしてくるのです。

いろんな種類の点が書けるようになるといいですね。

 

大人や子供の習い事として書道はいかがですか?
最後までお読みいただきありがとうございました。

湘南鎌倉市長谷の女流書家:篠原遙己(しのはらようこ)

この記事を書いた人

篠原遙己

篠原遙己

鎌倉市長谷にて書道教室を開講しており、人前で自信を持って字を書ける、美文字のコツをお伝えしています。出張レッスン、美文字講座など外部書道講師としてのご依頼も大歓迎です。また、招待状宛名書きなどの筆耕、謝辞・祝辞・入学願書等の代筆、書作品のご依頼も承ります。