久しぶりの半切レッスン/鎌倉市長谷の書道教室

久しぶりの半切レッスン

こんにちは。鎌倉市長谷の書道教室・書家 篠原遙己(しのはらようこ)です。

先週の土曜日レッスンは久しぶりの半切(条幅)レッスンでした。

4月に競書の昇格試験があり、2段以上の人は半切課題提出が必須となるからです。

久しぶりだったので1行に文字が入りきらなかったり足腰が大変だったようですが、今まで何度か書いたことがあるので、途中から感覚も取り戻して上手く納まるようになりました。

本当は名前も立ったまま書くと良いのですが、まだ難しいみたいですね。

1枚書くのに時間が掛かると、足がつらい!

そういう時は生徒さんみたいに名前だけ立ち膝でも大丈夫です。

名前の大きさが小さくならないように気をつけてくださいね。

 

じーっと見ていると書きづらいと思い私も隣で一緒に書いていましたが、普段、もっと大きい作品を書いているせいか、半切(条幅)なら全然、疲れなくなりました。

慣れってすごい!

 

大人や子供の習い事として書道はいかがですか?
最後までお読みいただきありがとうございました。

湘南鎌倉市長谷の女流書家:篠原遙己(しのはらようこ)

この記事を書いた人

篠原遙己

篠原遙己

鎌倉市長谷にて書道教室を開講しており、人前で自信を持って字を書ける、美文字のコツをお伝えしています。出張レッスン、美文字講座など外部書道講師としてのご依頼も大歓迎です。また、招待状宛名書きなどの筆耕、謝辞・祝辞・入学願書等の代筆、書作品のご依頼も承ります。