小筆が苦手な生徒さんたちへ/鎌倉市長谷の書道教室

小筆が苦手な生徒さんたちへ

こんにちは。鎌倉市長谷の書道教室・書家 篠原遙己(しのはらようこ)です。

こちらの画像は競書の仮名の課題に取り組んでいる生徒さんのレッスン風景。

競書に取り組んでいる生徒さんのほぼ全員が「仮名が苦手」とのこと。

小筆は中筆より軸が細いし、毛先の長さや太さも違いますよね。

今まで中筆しか使っていなかったのに、初めて小筆を使う訳ですから最初は上手く使いこなせなくて当たり前なんです。

 

お教室で初めて中筆を使って文字を書いた時のことを思い出してみてください。

最初は平仮名も思い通りには書けなかったはずです。

それが少しずつ少しずつ慣れていって、今では競書に出品できるようになりましたよね。

 

小筆も書いていくうちに少しずつ、自分が気付かないうちに段々、上達していきます。

いつか小筆が苦手だったことを忘れてしまうようになりますよ。

 

大人や子供の習い事として書道はいかがですか?
最後までお読みいただきありがとうございました。

湘南鎌倉市長谷の女流書家:篠原遙己(しのはらようこ)

この記事を書いた人

篠原遙己

篠原遙己

鎌倉市長谷にて書道教室を開講しており、人前で自信を持って字を書ける、美文字のコツをお伝えしています。出張レッスン、美文字講座など外部書道講師としてのご依頼も大歓迎です。また、招待状宛名書きなどの筆耕、謝辞・祝辞・入学願書等の代筆、書作品のご依頼も承ります。