筆を持つのが久しぶりでも、この上達ぶり/鎌倉市長谷の書道教室

筆を持つのが久しぶりでも、この上達ぶり/鎌倉市長谷の書道教室

筆を持つのが久しぶりでも、この上達ぶり

こんにちは。鎌倉市長谷の書道教室・書家 篠原遙己(しのはらようこ)です。

中筆の定期レッスンを始めたばかりの生徒さん。

平仮名の基礎から取り組んでいます。

大人の生徒さんは筆を持つのも久しぶり、と言う方がほとんどなので、まずは筆の持ち方、墨の付け方、書く時の姿勢など、書く前のことを一つずつ。

最初は筆で文字を書くのもおっかなびっくりと言う様子でした。

 

画像左側のビフォー画像を見ると、起筆(線の書き始め)が曖昧で線の太さがも同じでしたが、1時間のレッスンの後はご覧の通り。

画像右側のアフター画像は起筆もしっかりして、線の太さにも変化が見られますね。

文字も半紙の真ん中に書けていてバランスも良いです。

 

生徒さん達の上達ぶりには、いつも驚かされています。

みんなやれば出来る!

 

大人や子供の習い事として書道はいかがですか?
最後までお読みいただきありがとうございました。

湘南鎌倉市長谷の女流書家:篠原遙己(しのはらようこ)
篠原遙己

篠原遙己

鎌倉市長谷にて書道教室を開講しており、人前で自信を持って字を書ける、美文字のコツをお伝えしています。 出張レッスン、美文字講座など外部書道講師としてのご依頼も大歓迎です。また、招待状宛名書きなどの筆耕、謝辞・祝辞・入学願書等の代筆、書作品のご依頼も承ります。

関連する投稿

コメントを残す