書く時の姿勢は大切/鎌倉市長谷の書道教室

書く時の姿勢は大切

こんにちは。鎌倉市長谷の書道教室・書家 篠原遙己(しのはらようこ)です。

この前、硬筆の体験レッスンに来てくれた、小学生の女の子。

保護者の方が姿勢を気にされていて、何も言わず書いているところを見てみると上の画像のように机とお顔がとっても近い!

姿勢が悪いと視野が狭くなりますし目も悪くなってしまいますよね。

 

でも「お顔あげてね~」と声を掛けると、直ぐに直るので、しばらく声を掛けながらレッスンしていきます。

あとは左肩がかなり下がっているのも気になります。

鉛筆を持つ位置が下過ぎるのともう少し座面の高さを上げた方が良さそうですね。

大人の生徒さんでも左肩が下がっている人が多いのですが、大抵は左手を置く位置や座る位置がおかしいです。

 

大人や子供の習い事として書道はいかがですか?
最後までお読みいただきありがとうございました。

湘南鎌倉市長谷の女流書家:篠原遙己(しのはらようこ)

この記事を書いた人

篠原遙己

篠原遙己

鎌倉市長谷にて書道教室を開講しており、人前で自信を持って字を書ける、美文字のコツをお伝えしています。出張レッスン、美文字講座など外部書道講師としてのご依頼も大歓迎です。また、招待状宛名書きなどの筆耕、謝辞・祝辞・入学願書等の代筆、書作品のご依頼も承ります。