競書への写真掲載常連の生徒さんの仮名作品/鎌倉市長谷の書道教室

競書への写真掲載常連の生徒さんの仮名作品

こんにちは。鎌倉市長谷の書道教室・書家 篠原遙己(しのはらようこ)です。

2019年10月号の競書に写真掲載されていた生徒さんの仮名の課題作品をご紹介します。

この方は写真掲載の常連さんで、階級も一番上の生徒さんなんです。

最近では小筆の課題作品が高評価されることが多くなり嬉しいですね。

 

小筆が苦手な生徒さん、結構いらっしゃいますよね。

彼女がなぜ小筆が苦手でなくなったのか。

 

それはおそらく小筆を使う回数が多く、一番書き込んでいるからだと思います。

他の方が出品していない書簡文や変体仮名にも挑戦している分、小さい文字をたくさん書きますよね。

そのお陰か、最初は書けないと言っていた仮名や変体仮名も、ものすごく上達してきています。

 

苦手なものは書きたくないな~と思ってしまう気持ちもすごく分かります。

でも上手くなりたいのであれば、たくさん書いてみてください。

直ぐに結果は出なくても、少しずつ必ず上達していきますから。

 

大人や子供の習い事として書道はいかがですか?
最後までお読みいただきありがとうございました。

湘南鎌倉市長谷の女流書家:篠原遙己(しのはらようこ)

この記事を書いた人

篠原遙己

篠原遙己

鎌倉市長谷にて書道教室を開講しており、人前で自信を持って字を書ける、美文字のコツをお伝えしています。出張レッスン、美文字講座など外部書道講師としてのご依頼も大歓迎です。また、招待状宛名書きなどの筆耕、謝辞・祝辞・入学願書等の代筆、書作品のご依頼も承ります。