効果的な硬筆の練習方法/鎌倉市長谷の書道教室

効果的な硬筆の練習方法

こんにちは。鎌倉市長谷の書道教室・書家 篠原遙己(しのはらようこ)です。

先月から競書の硬筆に挑戦し始めた小学一年生のHちゃん。

平仮名も覚えたてなのに、とても字形の整った、しっかりした字が書けていますね。

「は」がなかなか上手く書けなくて何度も一緒に練習したのですが、その練習の仕方が効果的だなと思ったので皆さんも是非、真似してみてください。

 

1.お手本をなぞる。この時に文字全部ではなく、一画ずつなぞります。

2.直ぐ下に同じ線を書く

 

一画ずつ書いていくことで、なぞった線の書き方を手に覚えさせて、直ぐ反復練習することが出来ますね。

横でやっているのを見て、感心してしまいました。

実際にこの方法で、コツを覚えていっているので試してみてくださいね。

大人や子供の習い事として書道はいかがですか?
最後までお読みいただきありがとうございました。

湘南鎌倉市長谷の女流書家:篠原遙己(しのはらようこ)

この記事を書いた人

篠原遙己

篠原遙己

鎌倉市長谷にて書道教室を開講しており、人前で自信を持って字を書ける、美文字のコツをお伝えしています。出張レッスン、美文字講座など外部書道講師としてのご依頼も大歓迎です。また、招待状宛名書きなどの筆耕、謝辞・祝辞・入学願書等の代筆、書作品のご依頼も承ります。