競書に写真掲載された、一般部の漢字楷書作品/鎌倉市長谷の書道教室

競書に写真掲載された、一般部の漢字楷書作品

こんにちは。鎌倉市長谷の書道教室・書家 篠原遙己(しのはらようこ)です。

競書5月号に写真掲載された、一般部の漢字楷書作品をご紹介します。

毎週レッスンに来てくださっている生徒さんなので、一番、上達が早いのではないでしょうか。

評価コメントが非常に分かりにくいですが、

「字中の空間が広く長閑(のどか)な作。得難い書味(かきあじ)乍(なが)ら、結字にも少し緊張感が欲しい。」

結字=最後の文字のことです。

 

噛み砕いて読むと、ゆったりと書けているけど、最後はもうちょっと引き締まった感じで書けるともっと良いね。

と言う意味合いでしょうか。

 

線の書き始めや、転折部(折れ曲がるところ)で、一呼吸置いて書くように心掛けてみてくださいね。

大人や子供の習い事として書道はいかがですか?
最後までお読みいただきありがとうございました。

湘南鎌倉市長谷の女流書家:篠原遙己(しのはらようこ)

この記事を書いた人

篠原遙己

篠原遙己

鎌倉市長谷にて書道教室を開講しており、人前で自信を持って字を書ける、美文字のコツをお伝えしています。出張レッスン、美文字講座など外部書道講師としてのご依頼も大歓迎です。また、招待状宛名書きなどの筆耕、謝辞・祝辞・入学願書等の代筆、書作品のご依頼も承ります。